血液型検査のサポートBlog

血液型検査(輸血検査)で生じる悩みや疑問(はてな?)をサポートする医療従事者向けのBlogです。

#164:輸血検査のマメ知識(高頻度抗原に対する抗体の検査の進め方)

間接抗グロブリン試験でパネル赤血球すべてと陽性反応を示し、高頻度抗原に対する抗体が疑われた場合、通常の同種抗体を同定するようにパネル赤血球との反応性だけでは特異性を決定できません。そのため、赤血球側からのアプローチとして抗原タイピングを実…

#163:輸血検査のマメ知識(DEL製剤輸血後の抗D産生例について)

抗D試薬を用いた間接抗グロブリン試験でD陰性と判定される殆どは、RHD遺伝子の欠損による真のD陰性ですが、東アジア系民族では、抗D試薬と陰性と判定された一部に、D抗原が微量に存在するDEL型という表現型があります。また、国内外でD陰性者へD陰性の赤血球…

#162:輸血検査のマメ知識(DEL型のRh表現型について)

DEL表現型は、赤血球上に微量のD抗原が存在しますが、抗D試薬との間接抗グロブリン試験で陰性となるため、通常の検査(D確認検査)ではRhD陰性と判定されます。DEL型の最終判定は抗D試薬を用いた吸着解離試験を行い、解離液から抗Dの特異性を確認された際にD…

#161:輸血検査のマメ知識(Rh表現型とD抗原数について)

RhD抗原は、Rh表現型の違いで赤血球一個あたりの抗原数が異なることが知られています。まれな血液型であるD--のD抗原数が最も多く、20万程度のD抗原数と考えられています(通常の表現型の約10倍程度多い)。そのため、希釈した抗D試薬との反応においても直接…

#160:輸血検査のマメ知識(RhE及びRhC抗原量について)

Rh血液型のCとc、Eとeは対立関係にある抗原のため、レアな表現型(D--やcD-など)を除けば、抗原はホモ接合かヘテロ接合の表現型となります(通常の表現型ではC-,c-やE-,e-はない)。C+,c-のC抗原はC+,c+よりも抗原量が多く、同様にE+,e-はE+,e+よりもE抗原…

#159:輸血検査のマメ知識(Rh表現型の頻度及び複合抗原について)

Rh血液型は、第一染色体上にあるRHD遺伝子とRHCE遺伝子にコードされ、それぞれの遺伝子によって合成されたRhD蛋白とRhCeEe蛋白は6つの細胞外ドメインを持つ膜貫通蛋白です。赤血球の血液型システムの中でも最も抗原数が多く、多型性に富んだ血液型です。Rh血…

#158:輸血検査のマメ知識(ABO亜型に対応する遺伝子って、どのくらいある?)

ABO血液型をコードする遺伝子は第9染色体長腕にあり、長さが19.5Kbpで7つのエキソンから構成されています。エキソン6及び7がA,B転移酵素活性に重要な部分で、A遺伝子(ABO*A1.01)とB遺伝子(ABO*B.01)では7箇所の塩基置換があり、そのうち4箇所がアミ…

#157:輸血検査のマメ知識(現在、赤血球上の血液型抗原はいくつある?)

2022年9月時点で、国際輸血学会(ISBT)に公認された血液型システムは44システムあり、354抗原が44システムのいずれかに属しています。血液型システム(系列)とは、同じ特徴(性質)を持つ血液型のグループであり、ヒト同種抗体で抗原が確認されること、遺…

#156:輸血検査のQ&A(反応増強剤無添加の60分加温-IATは実施する意義はあるのか?)

抗E、抗Dia、抗Fyb、抗Jkaなど日常検査で検出される臨床的意義ある抗体の多くは、主にIgG性抗体であり、LISS-IAT、PEG-IAT及び60分加温-IATなどの間接抗グロブリン試験で検出される抗体です。低力価の弱い抗体では、ポリエチレングリコールを添加したPEG-IAT…

#155:輸血検査のQ&A(Sal法(室温)で1+程度に反応した際に、37℃に加温して消失すれば冷式抗体と考えて問題ないか?)

不規則抗体検査において、低温(20℃や4℃)での反応相で強く反応し、37℃相では反応しない抗体を冷式抗体といい、対応抗原が陽性の血液を輸血しても臨床的には無害と考えられています。日常検査で遭遇し、これらの性質を示す抗体には、抗I、抗IH(抗HIともいう…

#154:輸血検査のQ&A(酵素法:ブロメリン一段法で全てのパネル赤血球と陽性の場合の対処は?)

日本人ではRh系の抗体(抗Eや抗c)の検出頻度が高い背景があります。また、ブロメリン一段法(以下、Bro法)やficin二段法はRh系抗体の検出感度が高く、産生初期の抗体などを検出できるということで、以前から好まれて使用されている背景もあります。しかし…

#153:輸血検査のQ&A(不規則抗体を同定した際、抗体価測定は必須ですか?)

通常、抗体の強さ(反応)が強い方が臨床的意義は高い(輸血上考慮しないといけない抗体)と考えられます。1+の凝集よりは4+の凝集を示す抗体の方が危険だ、と考えるはずです。従って、凝集強度(反応性)は輸血を考える際には重要です。1+〜3+の凝…

#152:輸血検査のQ&A(不規則抗体検査を実施していれば、交差適合試験は省略可能か?)

不規則抗体スクリーニング及び同定用パネル赤血球は、主な血液型(Rh、Duffy、Kidd、MNSなど)の抗原がホモ接合型の組み合わせで構成され、低力価の弱い抗体も検出するような工夫がされた不規則抗体検出用の赤血球試薬です。そのため、一部の抗原においては…

#151:輸血検査のQ&A(まれな血液型とは?)

通常、まれな血液型(まれな表現型)と呼んでいるのは、赤血球の高頻度抗原が陰性の表現型を言います。つまり、「高頻度抗原が陰性=まれな血液型」となります。現在、国際輸血学会(ISBT)で公認されている血液型は345抗原あり、43システムのいずれかに属し…

#150:輸血検査のQ&A(抗原陰性血が必要な抗体とは?)

通常、赤血球輸血を行う際には、患者とABO及びRhD血液型が同型の血液と交差適合試験を行い、陰性であれば輸血が実施されます。しかし、患者が過去に妊娠歴や輸血歴がある場合には、同種免疫によって赤血球抗原に対する抗体を保有している場合があり、交差適…